散骨してはいけない場所

 

散骨をすることは法律で規制されていないため、誰もが個人の判断に基づいて実行することができます。しかし、マナーとして散骨を避けるべき場所や、散骨の仕方によっては法律違反となってしまうことがあります。
 
この記事では、散骨をしては駄目な場所に焦点を当ててお伝えしますので、ご自分で散骨したいと考えている方は、これから挙げる注意点をご参考の上進めてください。

 

散骨をしてはいけない場所

誰かが所有している土地である場合、無許可で散骨を行ってはいけません。散骨に際しては国による許可を得る必要はありませんが、その土地の所有者の許可を得る必要があります。
 
陸地のほとんどは誰かが所有しているため、無断で散骨を行うことはほぼできないものと考えてください。

土地の所有者の許可が得られれば問題無く散骨ができますが、公園や道路といった国有地のように、ほとんど許可を得られない場合もあるため注意が必要です。
 
土地の所有者による許可を得る必要があるという性質上、陸地での散骨は制限が厳しく自由に行うことが難しいため、所有者に許可を取る必要が無い海洋散骨が人気を集めています。
 
自宅であれば所有者は自分であるため、自由に散骨することはできますが、家を売却する際に価値が下がってしまう可能性がある点には注意が必要です。
 
賃貸の場合は、大家さんに許可を取る必要がある点にも注意しましょう。

 

散骨の際にやってはいけないこと

散骨の許可が得られたとしても、散骨をする際にやってはいけないことがある点にも注意しましょう。
 
散骨をした場所に、土を被せることは避けるようにしてください。撒いた遺骨に土を被せることで埋葬という扱いになり、墓埋法という法律に抵触してしまうことになります。
 
散骨に関する法律上の規制は存在しませんが、埋葬の扱いに関しては墓埋法の条文の中で明確に記載されており、墓地以外での埋葬をしてはならないと定められています。
 
つまり、散骨をしても問題が無い場所であっても、埋葬をした瞬間に法律違反になってしまう可能性があるということです。散骨をした後は、土を被せることはせず、これは埋葬ではないということを示す必要があります。
 
自宅の敷地内であっても、埋葬をすることで違法となってしまうため、埋葬に関しては厳しい規制があるということを覚えておきましょう。

 

マナーとして散骨を避けるべき場所

散骨ができる条件を満たしていたとしても、マナーとして避けるべき場所もあります。
 
近隣住民とのトラブルを避けるためにも、これからご紹介する項目についてはよく確認しておいて下さい。

 

建物が近い場所

民家などの建物が近い場所で散骨を行うことは避けましょう。
 
自分の家の近くで散骨が行われることを良く思わない人もいるため、許可を取っていない人の家の側では散骨をしない方が無難です。
 
撒いた遺骨が風に乗って離れた建物に届いてしまう可能性もあるため、建物から距離を置きすぎるくらいで構いません。
 
散骨をする場所の近くに、多くの建物があるほどトラブルの元となりますので、普段は誰も近づかないような場所を選ぶことがおすすめです。
 
トラブルの内容によっては訴訟に発展する可能性もありますので、場所選びは慎重に行いましょう。

 

人目につく場所

近くに建物が無い場合でも、人目に触れることによって、不快感を露にされる可能性があります。海水浴場などは近くに建物はありませんが、多くの人が遊びに来る場所であるため、散骨することを避けるべきです。
 
せっかく遠出して海に遊びに来たにも関わらず、そこで葬式が行われていたら興ざめしてしまうという人もいるでしょう。
 
その海水浴場で散骨が行われていることが噂になってしまうことで、客足が途絶えてしまい、経済的な打撃を与えてしまうことにもなりかねません。
 
散骨によって経済的な損失を与えてしまった場合、大きなトラブルへと発展する可能性がありますので、多くの人が集まる場所では散骨をしないようにしましょう。
 
海に散骨したい場合は、フェリーなどで海水浴場から遠く離れた場所に出向いてから散骨する必要があります。海水浴場に限らず、遊園地や動物園など、行楽目的で人が集まる場所の近くで散骨することは避けるようにしましょう。

 

まとめ

散骨しては駄目な場所についてお伝えしました。
 
まずはやってはいけないこととして、以下のことを押さえておいてください。

 

・許可を取っていない場所で散骨してはいけない

・散骨する際に上から土を被せてはいけない

 

やってはいけないことを避けることができたとしても、マナーの面から考えて散骨するべきではない場所もあるということを同時にお伝えしました。
 
散骨は法律で規制されてはいないとはいえ、守るべきルールはあるということは覚えておきましょう。ルールを正しく把握した上で散骨をする自信が無いという方は、散骨業者にご相談ください。
 
散骨業者であれば、ルールに基づいた判断を行い、散骨に適した場所で散骨してもらえます。

散骨業者選びに迷ったら、ミキワの海洋散骨がおすすめです

おすすめ記事一覧

掲載希望の散骨業者様は、お気軽にお問い合わせください。 手数料、年会費など掲載費用は一切かかりません。