散骨した有名人

 

散骨することを考えるにあたり、今までにどのような人が散骨を行ったのかという実績が気になる方もいるでしょう。
 
この記事では、実際に散骨した有名人をご紹介しますので、散骨をするか決める際のご参考にしてください。
 
中には、散骨をしていたことを意外に感じる有名人もいるかもしれません。

 

立川談志

7代目立川談志は、東京府小石川区出身の落語家です。

立川談志が亡くなった際は日本中の人々が冥福を祈りましたが、立川談志は散骨を希望した代表的な有名人の一人です。
 
立川談志は生前、「葬式はいらない。お経もいらない。人に言うな。戒名も自分でつける。お骨は海へ」と言っていたそうです。
 
立川談志が自ら「ダンシビーチ」と呼ぶほどハワイのハナウマ湾を愛していたことから、遺骨は長女がハナウマ湾の3箇所に渡って入念に散骨したと言われています。

 

淳和天皇

平安時代初期の第53代天皇である淳和天皇は、天皇の中で初めて散骨をした天皇として知られています。

淳和天皇の散骨は、民衆の負担を軽減するために行われたという点が特徴的です。
 
当時は、天皇の葬儀のために古墳の建築や盛大な儀式を行う必要があり、莫大な費用がかかっていましたが、これらの費用は民衆から徴収された税金によって賄われていました。
 
民衆に経済的負担を与えてしまうことを懸念した淳和天皇は、山に自分の遺骨を散骨させることによって、大きな費用のかからない簡素な葬儀を実現しました。
 
現代まで淳和天皇の精神は受け継がれており、天皇陛下が崩御した際には、簡素な葬儀が行われることが伝統になりました。

 

石原裕次郎

昭和を代表するスターとして名を馳せた石原裕次郎も、散骨をした有名人の一人です。
 
石原裕次郎の兄が「海を愛していた弟は、海に還してあげたい」と考え、海洋散骨をしようと試みましたが、兄が散骨を望んだ1987年の段階では散骨が世間で認知されていなかったため、断念せざるを得ませんでした。
 
1991年以降に散骨が盛んになり始めたことをきっかけに、石原裕次郎の散骨が湘南の海にて行われました。石原裕次郎と同じように自分も散骨したいと考えるファンも生まれたため、散骨の認知度は更に高まることとなりました。

 

沢村貞子

沢村貞子は、幅広い役柄と個性的な演技によって、350本以上の映画で活躍した名脇役女優です。
 
本人の意思によって葬儀は身内のみで行われ、沢村貞子の遺骨は、先立った夫の遺骨と一緒に相良湾に散骨されました。

 

hide

1987年から1997年までX JAPANのギタリストとして活動していたhideは、遺骨の一部を散骨した有名人として知られています。
 
弟や当時のzilchのメンバーらの手によって、hideが住んでいたロサンゼルスに近い、サンタモニカ沖に散骨されました。

 

ジョン・レノン

ザ・ビートルズで作詞作曲など幅広い分野を担当し、数々の名作を世に送り出したジョン・レノンも散骨をしたという噂があります。
 
ジョン・レノンの妻が、自宅の近くのセントラルパーク・ストロベリー・フィールズで散骨をしたと言われていますが、真偽の程は定かではありません。

 

ジョージ・ハリスン

ザ・ビートルズのギタリストや作家を担当していたジョージ・ハリスンも、メンバーのジョン・レノンと同様に散骨をしたと言われています。
 
ジョージ・ハリスン自身の遺言により、本人の遺骨はインドのガンジス河と聖地アラハバードに散骨されました。
 
ジョン・レノンの場合とは異なり、ジョージ・ハリスンの散骨に関しては、実際に行われたことが明らかになっています。
 
ジョージ・ハリスンが散骨をしたことにより、散骨が世界で広く認知されることとなりました。

 

フレディ・マーキュリー

2018年に映画化して話題になったクイーンのボーカリスト、フレディ・マーキュリーも散骨をした有名人の一人です。
 
フレディ・マーキュリーの遺言に従い、友人が散骨を行いましたが、散骨をした場所は公にされていません。
 
フレディ・マーキュリーが散骨された大切な場所は、関係者のみが知っています。

 

クライド・トンボー

クライド・トンボーは天文学者ですが、冥王星を発見した人物として知られています。

天文学者らしく散骨場所のスケールも大きく、宇宙で散骨をしました。
 
グライド・トンボーの遺骨の一部は、天体探査用無人機ニュー・ホライズンズに搭載されています。
 
宇宙での散骨は今後流行るであろうと考えられているため、グライド・トンボーは時代を先取りした人物であると言えるでしょう。

 

まとめ

散骨した有名人を一部ご紹介しましたが、様々な種類の有名人が散骨をしていることを知り、驚かれた方もいるでしょう。
 
有名人の名前を知ってはいても、弔われ方までをご存知の方は少ないのではないでしょうか。

皆さんの好きな有名人が、どのような弔われ方をしたのかを調べてみるのも面白いかもしれません。
 
ご紹介した内容から分かる通り、散骨を希望したほとんどの有名人の遺骨は、本人が生前から愛していた場所に撒かれたことが分かります。
 
本人が愛した地と一緒になり、自然に還りたいという希望を叶えることができる点が、散骨の大きな魅力であると言えるでしょう。

 

散骨業者選びに迷ったら、ミキワの海洋散骨がおすすめです

おすすめ記事一覧

掲載希望の散骨業者様は、お気軽にお問い合わせください。 手数料、年会費など掲載費用は一切かかりません。